切削加工,分析・評価機器,評価試験サービス 山本金属製作所 [大阪]
YAMAMOTO METAL TECHNOS CO., LTD.
株式会社山本金属製作所 お問い合わせ 06-6704-1800

お問い合わせ サイトマップ リンク English Tieng Viet
Top 企業情報 ニュース 製品・サービス情報 研究開発 採用情報
 TOP > Cool-i> よくある御質問【Cool-i】
よくある御質問【Cool-i】

関連ページ
加工技術
FSW評価試験サービス
材料試験サービス
被削性評価試験サービス
残留応力計測
ソリューションサービス
MULTI INTELLIGENCE®
GIGA QUAD®
Cool-i
各種試験機及び評価装置

カタログダウンロード

お悩み解決

疲労試験の話



論文・文献集

山金ものづくりワード集

山金Q&A集

株式会社山本金属製作所 お問い合わせ・ご相談・カタログ請求
よくある御質問【Cool-i】
皆様からのCool-iに関してよく頂く御質問をまとめました。

下記以外の質問もお待ちしておりますので、
是非お問い合わせ下さい。

【よくある御質問】

Q Cool-iって何?
A 水溶性切削油の温度、濃度、pHを24時間365日モニタ出来るシステムです。
Q 温度をモニタすると何がわかるの?
A 高精度な部品を加工するためには温度管理にも注意する必要があります。切削油の温度は、環境温度の変化や加工による発熱により変化します。切削油の温度は、工作物の温度に影響するため、寸法のバラツキに影響します。厳密な寸法管理が必要な加工には、温度管理にも気を付ける必要があります。安定した品質を保証したり、不良の原因を特定したりするためにも温度のモニタは重要です。また、切削油のトラブルの一つに腐敗がありますが、細菌の増殖と温度にも大きな関係があります。
Q 濃度をモニタすると何がわかるの?
A 切削油の性能は濃度によって変化します。一定の濃度範囲をキープしないと本来の
性能が発揮されず、様々なトラブルの原因となります。連続で濃度を記録することで補充液の濃度や補充の頻度が適切かどうかなどが簡単にわかります。
Q pHをモニタすると何がわかるの?
A 切削液のpHは一般的にアルカリ性になるように調整されていますが、細菌が増殖す
るとpHは低下します。さらに、pHが低下すると細菌が増殖しやすい環境になってしまうため悪循環になり腐敗してしまいます。そのためpHを監視し一定の範囲内に管理する必要があります。
Q 切削油の濃度の管理を怠るとどんな事が起きるの?
A 濃度が低すぎると加工不良、腐敗、製品や加工機の錆の発生原因となります。
濃度が高すぎても発泡やべたつきによる作業環境の悪化や、冷却性能の低下による工具温度上昇の原因となります。
>> PageTop
上記の質問以外のお問い合わせもお待ちしております!!
もしございましたら下記よりお問い合わせ下さい!!
>> PageTop



株式会社山本金属製作所 〒547-0034 大阪府大阪市平野区背戸口2-4-7
TEL : 06-6704-1800
TOP | 企業情報 | ニュース | 製品・サービス情報 | 研究開発 | 採用情報