切削加工,分析・評価機器,評価試験サービス 山本金属製作所 [大阪]
YAMAMOTO METAL TECHNOS CO., LTD.
株式会社山本金属製作所 お問い合わせ 06-6704-1800

お問い合わせ サイトマップ リンク English
Top 企業情報 ニュース 製品・技術情報 研究開発 採用情報
 TOP > TOPIC SOLUTION > Q1.ロット数の多い製品の寸法計測に人・時間が掛かる。
TOPIC SOLUTION
Q1.ロット数の多い製品の寸法計測に人・時間が掛かる。
Q2.実際に使用される環境での金属の疲労強度は?
Q3.製造現場にてエンドミルが根元から破損する。
Q4.表面処理により疲労特性はどの程度向上するのか?
Q5.海外製の材料の導入したいが強度面に不安がある。
Q6.内部短絡時のLi-ion電池内部の温度を正確に測定したい。
Q7.現状の切削条件は本当に正しいのだろうか。

関連ページ
加工・技術情報
受託試験
被削性評価試験
GIGA QUAD
設計(治工具・設備)

カタログダウンロード

お悩み解決

疲労試験の話



論文・文献集

山金ものづくりワード集

山金Q&A集

株式会社山本金属製作所 お問い合わせ・ご相談・カタログ請求
TOPIC SOLUTION
Q ロット数の多い製品の寸法計測に人・時間が掛かる。

Q 測定を自動化し省力化をはかる。

人による寸法測定では「誤差が生じる」「時間が掛かる」といった問題はなかなか避ける事が出来ません。
ロット数が多い製品の品質維持のためは測定の自動化を行い効率向上と省力化をはかる必要があります。
山本金属ではこういった課題を解決する特注の設備製作も承っています。
下記では開発例を御紹介します。
解決ツール【ソケット自動測定機】
人による寸法測定を含む製品において、品質力、効率向上を図るためにソケット自動測定機を開発。自動で測定し、良品・不良品が識別されます。
また工程能力把握もできるよう測定データの蓄積が可能です。
≫ソケット自動測定機の詳細はこちら
TOPIC SOLUTION -目次-
  Q1.ロット数の多い製品の寸法計測に人・時間が掛かる。
  Q2.実際に使用される環境での金属の疲労強度は?
  Q3.製造現場にてエンドミルが根元から破損する。
  Q4.表面処理により疲労特性はどの程度向上するのか?
  Q5.海外製の材料の導入したいが強度面に不安がある。
  Q6.内部短絡時のLi-ion電池内部の温度を正確に測定したい。
  Q7.現状の切削条件は本当に正しいのだろうか。
>> PageTop



株式会社山本金属製作所 〒547-0034 大阪府大阪市平野区背戸口2-4-7
TEL : 06-6704-1800
TOP | 企業情報 | ニュース | 製品・技術情報 | 研究開発 | 採用情報