切削加工,分析・評価機器,評価試験サービス 山本金属製作所 [大阪]
YAMAMOTO METAL TECHNOS CO., LTD.
株式会社山本金属製作所 お問い合わせ 06-6704-1800

お問い合わせ サイトマップ リンク English
Top 企業情報 ニュース 製品・技術情報 研究開発 採用情報
 TOP > TOPIC SOLUTION
TOPIC SOLUTION
Q1.ロット数の多い製品の寸法計測に人・時間が掛かる。
Q2.実際に使用される環境での金属の疲労強度は?
Q3.製造現場にてエンドミルが根元から破損する。
Q4.表面処理により疲労特性はどの程度向上するのか?
Q5.海外製の材料の導入したいが強度面に不安がある。
Q6.内部短絡時のLi-ion電池内部の温度を正確に測定したい。
Q7.現状の切削条件は本当に正しいのだろうか。

関連ページ
加工・技術情報
受託試験
被削性評価試験
残留応力計測
ソリューションサービス
MULTI INTELLIGENCE®
GIGA QUAD
設計(治工具・設備)

カタログダウンロード

お悩み解決

疲労試験の話



論文・文献集

山金ものづくりワード集

山金Q&A集

株式会社山本金属製作所 お問い合わせ・ご相談・カタログ請求
TOPIC SOLUTION
「今、 ”ものづくり” で困っている…」皆様へ
私たち山本金属に是非御相談下さい!!

皆様のお悩みを解決致します!!

創業以来培ってきた切削加工技術・計測評価技術に基づき、製造原価の低減・素材特性・加工性の評価・新たな工法の開発・研究開発のスピードアップ・能率化に貢献致します。
【こんなお悩みありませんか?】
Q1. ロット数の多い製品の寸法計測に人・時間が掛かる。

Q2. 実際に使用される環境において金属の疲労強度はどうなのか?

Q3. 製造現場においてドリル・エンドミル等の工具が根元から破損するケースがある。

Q4. メッキ・熱処理・溶射等の表面処理により、
疲労特性がどの程度向上するかを調査したい。

Q5. コストダウンのために海外製の材料の導入したいが強度面に不安がある。

Q6. 内部短絡した時のリチウムイオン電池の内部の温度を正確に測定したい。

Q7. ・工具の折損・摩耗が激しく、工具費用が大きな負担になる。
・現状の切削条件では加工時間が長いor精度が満たせない。
・図面に記載している耐熱合金の削りやすさが分からない。

上記以外のお悩みも是非御相談下さい!!
お問い合わせお待ちしております。
>> PageTop



株式会社山本金属製作所 〒547-0034 大阪府大阪市平野区背戸口2-4-7
TEL : 06-6704-1800
TOP | 企業情報 | ニュース | 製品・技術情報 | 研究開発 | 採用情報