切削加工,分析・評価機器,評価試験サービス 山本金属製作所 [大阪]
YAMAMOTO METAL TECHNOS CO., LTD.
株式会社山本金属製作所 お問い合わせ 06-6704-1800

お問い合わせ サイトマップ リンク English
Top 企業情報 ニュース 製品・技術情報 研究開発 採用情報
 TOP > 製品・技術情報 > GIGA QUAD > YRB200
製品・技術情報
加工技術
材料試験サービス
被削性評価試験
残留応力計測
ソリューションサービス
MULTI INTELLIGENCE®
GIGA QUAD
各種試験機及び評価装置

カタログダウンロード

お悩み解決

疲労試験の話



論文・文献集

山金ものづくりワード集

山金Q&A集

株式会社山本金属製作所 お問い合わせ・ご相談・カタログ請求
GIGA QUAD
2013年度日本機械学会関西支部賞(技術賞)受賞
テーマ:【極限環境下におけるギガサイクル4連式回転曲げ試験機の開発】

4連式回転曲げ疲労試験機 GIGA QUAD YRB200
4連式回転曲げ疲労試験機 YRB200
回転軸系材料の疲労強度調査を行う装置です。
YRB200は最大負荷荷重20kgとなっております。
お客様の使用用途によってYRB200・YRB300Lから
お選び頂けます。
4連式回転曲げ疲労試験機 YRB200 動画
― YRB200 4つの特徴 ―

4連式 / スピーディーなデータ採集!!

ギガサイクル疲労データを収集するには、長期の実験期間が必要です。
注目すべき点は、108回では約20日間、109回では約200日間という実験時間がかかってしまいます。S-N曲線を作成するには6パターン以上の応力をかけた試験結果が必要となり、単式の試験機の場合ですと、1本のS-N線図を作成するのに426日もかかってしまいます。
ところが、弊社の試験機では、4種類の試験を同時に行うことができるので、試験時間を大幅に短縮することが可能です。
また、4つのチャック部に試験を分散させることで約200日でギガサイクル疲労試験データが採集できます。よって短時間でS-N曲線を作成することが可能となり、高効率で実験を行うことができます。
オプションといたしまして速度調節ユニットも販売しております。最大5000RPMまで速度を加速させることが可能ですので、より実験をスピーディーに行うことができます。
また、超音波疲労試験機と違い冷却装置が不要です。
4連式 スピーディーなデータ採集

コレットタイプ / スムーズな試験片着脱!!

コレットタイプ スムーズな試験片着脱 試験片把持部にコレットチャックを採用することで、
「確実に試験片の取り外しが可能」です。この仕様により、長期間の実験で試験片がチャックに固着してしまうということがなくなりました。
また、コレットを交換することで、「異なる試験片形状の保持が可能」となります。

芯振れ0.03mm未満 / 信用性の高いデータ採集!!

弊社は長年、金属加工を行っている企業です。
そこで培われた技術を活かし、高精度のシャフトの作成に成功いたしました。
芯振れによる余分な負荷が少ない為、より信用性の高いデータを採集することが可能です。
芯振れ±0.01mm未満 信用性の高いデータ採集

アジャストボード採用 / 試験片全長の選択が可能!!

アジャストボードとは曲げモーメントを作用させる距離を調整するためのパーツです。
アジャストボードにより試験片全長を選択でき素材や条件に応じた試験に対応が可能です。
様々な全長の試験片を使用することが可能です。
※試験片は片持ち式試験片を使用しています。
 ※ ロングタイプ使用時は、高硬度な材料を試験する際にお勧めします。

機械本体仕様

     
主軸(スピンドル)  主軸本数  2本
主軸回転数  3150RPM
モーター  0.2kW-4P
電器容量   200V(三相)
軸受  スピンドル アンギュラ玉軸受
試験片 深溝玉軸受
コレットチャック 把持範囲 φ3.0〜13
最大負荷   20kg×4ヵ所
最大曲げモーメント   7938N・mm(弊社標準試験片の場合)
最大応力   1366MPa(弊社標準試験片の場合)
ベルト   VベルトM
機械の大きさ  本機概算質量 約140kg
サイズ  470×400×1050
アジャストボード
(スタンダード)
  2(50mm用)枚
耐用年数   5年
保証期間   1年
※製品の仕様および外観は改良のため変更することがありますので、
  あらかじめご了承ください。

オプション

 
・アダプター 1セット (4ヶ) 
   おもり把持部パーツ (YRB200:φ3.0〜13から選択)
・アダプター 1ヶ
   おもり把持部パーツ (YRB200:φ3.0〜13から選択)
・保護カバー
   回転部から測定者を保護 (カバーを開けると自動で回転が止まります)
・速度調節ユニット
   YRB200:主軸回転数を1000〜5000RPMに調節可能 (JIS規格対応)
・アジャストボード (ロング)
   作用点と切欠き部の距離を50mm用から70mm用に調節するパーツです。
・荷重物 1セット
   基本荷重物 3kg×10ヶ (計30kg)
   ※0.1kg〜 荷重物パッケージがございます。
 

腐食環境試験ユニット

   回転軸系材料を腐食環境下において試験が実施出来る追加ユニットです。
   基本対応腐食液は「水」「人工海水」ですが、その他腐食液も対応可能です。

また、オリジナル試験機の設計・開発と併せて、以下の業務も行っております。
是非、一度お問い合わせください。

試験片加工

弊社のコア技術である精密加工技術を活かした精度の高い試験片を製作いたします。
試験片の種類や材質において、さまざまなものが可能です。
詳細は「試験片加工」紹介ページへ

受託試験

精密加工技術と対をなして高度化してきた評価・計測技術のノウハウがあります。
加工時の切削抵抗や温度計測等を計測評価し、これからのものづくりに必要不可欠な研究開発をフォローいたします。
詳細は「受託試験」紹介ページへ

立命館大学の酒井教授よりコメント

「本試験機は、高性能と経済性・操作性・省エネ効果を備えた画期的な回転曲げ疲労試験機であり、各種機械製品の疲労設計・信頼性設計の基礎データとして不可欠な種々の金属材料の疲労特性を実験的に調べる上で、その真価が発揮される。また、同時に4本の試験片に対する疲労試験が可能であり、所定期間内に十分な量の実験結果を得ることができる点に大きな特徴がある。」
 立命館大学
 総合理工学研究機構
 特別任用教授
 酒井達雄氏
よくある御質問
TECHNICAL INFORMATION 4連式回転曲げ疲労試験機の話
>> PageTop



株式会社山本金属製作所 〒547-0034 大阪府大阪市平野区背戸口2-4-7
TEL : 06-6704-1800
TOP | 企業情報 | ニュース | 製品・技術情報 | 研究開発 | 採用情報