切削加工,分析・評価機器,評価試験サービス 山本金属製作所 [大阪]
YAMAMOTO METAL TECHNOS CO., LTD.
株式会社山本金属製作所 お問い合わせ 06-6704-1800

お問い合わせ サイトマップ リンク English
Top 企業情報 ニュース 製品・技術情報 研究開発 採用情報
 TOP > 企業情報 > 社内活動 > 野球部 > 山本金属A VS レジスタンス
企業情報
ご挨拶
経営理念・フィロソフィー
事業内容
会社紹介
会社組織
設備
所在地
社内活動
バーチャル工場見学
山本金属協和会
パートナーシップ企業
主な所属団体

株式会社山本金属製作所 お問い合わせ・ご相談・カタログ請求
野球部
現在、2チームの編成で活動しております。
大阪府軟式野球連盟東住吉支部のB級・C級に所属しております。
試合の結果や様子をご紹介いたします。

2012.07.15(日)  山本金属A VS レジスタンス

PM2:50〜4:10 白鷺公園
Team 1 2 3 4 5 6 7 8 9
レジスタンス 0 0 0 0 2 0       2
山金 A 1 0 0 1 0 1x       3
*試合の流れ*
1回表、相手チームの攻撃、山金チーム投手が上々の立ち上がりを見せ0点に抑える。
すると1回裏、山金チームの攻撃、先頭バッターが四球で塁に出ると盗塁をして二塁に進み 二番バッターがセカンドゴロの間に三塁に進塁し、1アウト三塁とチャンスで三番バッターが 先制レフト前タイムリーヒットで山金チームが1点リードする。 4回裏にもファースト内野安打で六番バッターが一塁に出ると、七番バッターのピッチャーゴロの 間に二塁に進塁し、八番バッターのピッチャーゴロの間に三塁に進塁して、2アウト三塁で 九番バッターがセンター前タイムリーヒットで2-0とし、相手をつき放した。
5回表に七番バッターを四球で歩かすと、続く八番バッター代打で出た選手に2ランホームランを打たれてしまい、2-2の同点に追いつかれてしまう。
しかし最終回にドラマが待っていました!
6回裏、山金チームの攻撃、1アウトから六番バッターがレフト前ヒットで塁に出ると、 盗塁をして二塁に進塁、1アウト二塁でサヨナラのチャンスで、七番バッターが大きな当たりだったがレフトファールフライで2アウト二塁、八番バッターがレフト前サヨナラヒットを打ち、 見事3-2で山金チームが勝利しました!!
>> 一覧へ戻る



株式会社山本金属製作所 〒547-0034 大阪府大阪市平野区背戸口2-4-7
TEL : 06-6704-1800
TOP | 企業情報 | ニュース | 製品・技術情報 | 研究開発 | 採用情報