切削加工,分析・評価機器,評価試験サービス 山本金属製作所 [大阪]
YAMAMOTO METAL TECHNOS CO., LTD.
株式会社山本金属製作所 お問い合わせ 06-6704-1800

お問い合わせ サイトマップ リンク English
Top 企業情報 ニュース 製品・技術情報 研究開発 採用情報
 TOP > 企業情報 > 社内活動 > 野球部 > 山本金属A VS レジスタンス
企業情報
ご挨拶
経営理念・フィロソフィー
事業内容
会社紹介
会社組織
設備
所在地
社内活動
バーチャル工場見学
山本金属協和会
パートナーシップ企業
主な所属団体

株式会社山本金属製作所 お問い合わせ・ご相談・カタログ請求
野球部
現在、2チームの編成で活動しております。
大阪府軟式野球連盟東住吉支部のB級に所属しております。
試合の結果や様子をご紹介いたします。

2012.01.29(日)  山本金属A VS レジスタンス

PM0:10〜1:30 白鷺公園
Team 1 2 3 4 5 6 7 8 9
山金 A 0 0 0 0 1 2     3
レジスタンス 0 0 0 0 0 2x     2
*試合の流れ*
山金チームは初回からチャンスを作ります。先頭バッターの1番T君は、レフト前ヒットを打ち、すぐさま2塁に盗塁。しかし、アウトとなってしまい、チャンスを逃す。
そのまま4回裏まで投手戦になり、0点後進が続く。
しかし4回裏、アクシデントが起こり相手ピッチャーが交代になる。ピッチャー交代により、5回から流れは山金チームが有利に動く。
相手ピッチャーの不安定な立ち上がりを突き、6番K君が四球で1塁に出る。そして、すぐさま盗塁成功!!ノーアウト2塁で7番S君がセカンドゴロを打っているうちに、K君が2塁から3塁に進塁し、1アウト3塁。次のバッターO君の時、相手のバッテリーミスでキャッチャーがボールを後ろにそらしている間に、K君が3塁からホームを踏み1点先制!
続く6回表、相手ピッチャーが崩れ、四球・死球を連発しノーヒットで2点を追加。3-0と相手をつき離す。
相手チームの最終6回裏、2点タイムリーを打ち、1点差の3-2まで詰め寄られるが、何とか逃げ切り3-2で山金チームの勝利となった!!準々決勝進出!!

次回試合は2月12日(日)12時半から白鷺公園で試合予定です。
>> 一覧へ戻る



株式会社山本金属製作所 〒547-0034 大阪府大阪市平野区背戸口2-4-7
TEL : 06-6704-1800
TOP | 企業情報 | ニュース | 製品・技術情報 | 研究開発 | 採用情報